さほどそれほど

おっととわたし、平凡な日々だけどまあまあ楽しいよ という絵日記

おとなのごっこ遊び

f:id:savarinrin:20191009172143p:plain

スポーツはできないけど、みるのは好きです(テレビでだけど)。正確には、じっくりみて(観察して)、マネするのが好き。つい先日までは世界陸上(ドーハ)。ちょこちょこみては、おっとの前でマネをご披露あんど解説します。「ひとりなりきり世界陸上」。陸上に興味のないおっとの反応は「無(む)」ですが、わたしめげません。砲丸投げやり投げ、ハンマー投げ競歩、高跳びなどなどいろいろ挑戦しました。なかでおっとの反応がよかったのは「三段跳び」。どういう飛び方なのか、ステップをマネします。こればっかりは家で実際にやれないので、手の人差し指と中指を選手の脚にみたてて、ホップ、ステップ、ジャーンプ。と、ここで奇跡。おっとも「足の順番こうじゃない?」なんて、指で三段跳びをしてくれました。一緒にやってくれるとうれしいし、楽しいもんです。今度は他の競技も誘ってみよう。もしかしたら4年後の世界陸上では「ひとり」改め「ふたりなりきり世界陸上」になってるかもしれません(野望)。 おば

ライブでハイタッチ

f:id:savarinrin:20190927145107p:plain

前回につづき、May J.さんのライブでのこと。

ノリ方に慣れずきょろきょろしていたけど、徐々に慣れて楽しくなり、そしてあっという間に最後の曲。May J.さんがステージを降りて、客席通路を歩きだしました。沸き立つ客席。もちろんわたしたちも。幸運にもわたしたちの席の後ろが通路だったのです。来る可能性ありありなのです。歌いながら、タッチしながら歩いてくるMay J.さん、ついに後ろの通路にやってきました。近い、けど向う側の席の方。こっちには来ないかも…と諦めかけたとき、May J.さんがふりむきました。あっ来た、来る、目の前。興奮と緊張でかたまるわたしの横でおっとが「たーっち♪」と手を伸ばしました。まさかのタッチおねだり。そしてニコニコでタッチ。衝撃でした。あまり積極的でなく、シャイな方だと思っていたのに。ちなみにタッチした感想は「手が冷んやりしてた」だって。ふーーーーーーん。  おば

ライブでのノリ方

f:id:savarinrin:20190927144846p:plain

おっとに付き合ってMay J.さんのライブに行ってきました。恥ずかしながら四十路目前にして初めての歌ライブ参戦です。会場は田舎の中の田舎にある“ふれあいホール” 。こぢんまりって感じ。わたしたちの席は後ろの方だったけど、それでもステージがしっかり見える。こぢんまりさまさます。そしてライブははじまり、May J.さんが登場。前列に陣取るコアなファンさんたちが立ちあがる。えっ立つの? 戸惑いながらも立ち、見よう見まねで手拍子をしてみるわたしたち。ノリの不慣れ感は否めないけど、徐々に慣れて楽しくなってきました。そしてついにタオル回し。経験はないけど、知識としてそんなライブ演出があることは知っていました。が、タオルがないっ(準備不足)。とりあえず腕をあげて振ってみました。ふりふり。横にいるおっとも腕を…カクカク。腕の振りがなんか固いというかぎこちない。壊れかけのロボットアーム的な。かくいうわたしも他の人からみたら多分変なんだろうけど。楽しんでいるんだからいいよね、変でも。  おば