さほどそれほど

おっととわたしと平凡でまあまあ楽しい日々

わたしの今年始まりました

新年のご挨拶を…と思っているうちに、もう1月15日でした。時がたつのははやい。でもまだ間に合うのかも。一縷の望みをかけてネット検索。検索ワードは「新年のあいさついつまで」でCLICK。えっと…いろいろ諸説あり、7日までとか、11日までとか、長いところだと15日までとかあったけど。都合よく解釈して、まだセーフ。せっかくだから年賀状に使ったイラストをひとつ絵日記に使うことに。うさぎとかめバージョン。今年の年賀状は他に、餅つきうさぎクールポコver.と、おっとプレイボーイver.の3パターンでした。それはさておき、おっとは4日から仕事。わたしは4日からしばらくのんびり。年末年始はなんだか気ぜわしくて疲れちゃったから。そしてやっと10日からわたしの今年が始動。おっとに頼まれていたバックインバック(第二世代)を作ります。形は初代とほぼ同じで、ポケットのサイズに変更点あり。去年のカレンダーで型紙を作って、近所に大型チェーン手芸店に布選びに行って、切って、縫って、ちょっとやり直して…現在ココ。まだ完成していません。久々の縫い物で、腰がバキバキです。でもがんばる。そんなこんなで今年もよろしくです。おば

2022年をふりかえる

すっかり日記をさぼってしまった2022年。残りあとわずかですね。わたし的今年いちの出来事は、3年ぶりに”県をまたいだ移動”をしたことかな。一度またいだら思いの外またぐこととになったよね。アパートーおっと実家ーわたし実家。行ったり来たり。トライアングル。結果、年の4分の1、家をあけていました。おっととこんなに離れて暮らすのは結婚して初めてです。わたしのほうは、各実家で家族と過ごしているので人恋しいわけじゃない(寂しいっちゃ寂しいけどね)。でもおっとはアパートでひとり暮らし。さぞ寂しかろう。なんて。思っていたけどそうでもなかったようです。毎週、花金(死語?)にせっせとラーメン店をめぐりを楽しんでいたもよう。わたしがいると、あんまり外食のチャンスがないからね。わたしもラーメンは好きだけど、食べると調子悪くなるからね。悪いね。たまにはひとりの時間もあるといいのかもね。そう思った2022でした。はい。でも今宵は一緒。これから夫婦で紅白をぼんやり眺めて、Eテレ2355で新春たなくじで運をチェックして、23年の干支そんぐを聞いたら寝ます。いい夢みられるかな。今年も1年ありがとう。よいお年をです。おば

番の鳩は夫婦円満を招く

住んでいるアパートの周りには多分、鳩がいついている。見た感じだとカワラバトかキジバトか、そして番。いつも同じ鳩、同じ番なのか、正直そこまではわからないけれど。でも毎年いることはいる。アパートの木に巣を作っているんだと思う。木の辺りから鳴き声が聴こえるから。ぼーぼー、ぼっぼー。でも側を通るときは聴こえない。葉っぱが茂っているから姿もみえない。とっても気になるけど、みすぎるのも近づきすぎるのもよくないよね。鳩にも鳩の生活があるよね。我慢、我慢。そんな事をおっとに話していたせいか、おっとも鳩が気になりだしている。ある日帰ってきたおっとが、うれしそうにスマホをわたしにみせてきた。「みてみて、今日、こんなのみたよね」、と鳩の写真。なんでも職場の窓のブラインドの隙間から、雨やどりしていた鳩がみえたんだって。気づかれないし、全然逃げないから、しばらく様子をうかがって、そっと写真を撮ったんだって。そしてわたしにご披露。ふふふ。前はそんなに鳩に興味なかったのに。「なんだか片方がちょっかいだしてた」「これ番かな、求愛中かも」「これはカワラバトかな」などなど。鳩トークで盛り上がる夫婦、平和な時間ですな。おば